比較

SMBCモビットとレイクALSA比較【お得に借りるならどっち】

どちらも大手銀行の系列会社が運営をしていて、最短で即日融資に対応している便利なカードローンを展開しているのが、SMBCモビットとレイクALSAです。各社の特徴や違いなどを確認しどのようなシーンで利用するのがおすすめなのかを解説していきます。

SMBCモビットとレイクALSAの違いは?

限度額と金利

まず貸付条件の違いを確認していきましょう。SMBCモビットのカードローンは利用限度額が1万円から800万円まで、金利は年3.0%から年18.0%までとなっていて、高い利用限度額で契約をすればするほど、適用される金利は低くなります。レイクALSAですが、利用限度額は1万円から500万円まで、金利は年4.5%から年18.0%までとなっています。高利用限度額で契約をすればするほど、適用される金利が低くなる点は同様です。

審査の流れやスピードは?

SMBCモビットは申込方法次第では最短で30分での融資が可能です。WEBのみで手続きが完結するWEB完結で申し込みを行い、申し込み後にコールセンターへ電話をすることで速やかに審査が進みます。審査後はWEBで手続きをすればすぐに振り込みでのキャッシングが可能です。

レイクALSAは最短で60分で融資が可能です。事前にWEBから申し込みを行い在籍確認などをパスしたあと自動契約コーナーなどで契約手続きとカード受け取りをすればすぐに利用できます。

在籍確認と提出書類は?

SMBCモビットはWEB完結申込で契約をする場合、電話連絡による在籍確認なしで契約ができます。WEB完結申込で契約する場合、本人確認書類・収入証明書類・組合保険証もしくは社会保険証の写し・直近1ヶ月分の給与明細に加えてゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行のいずれかの銀行の預金口座が必要となります。

レイクALSAは在籍確認が必須なので、電話がかかってきても慌てないように心の準備をしておきましょう。レイクALSAで必要となる書類は原則本人確認書類のみですが、高い利用限度額で申し込みをした場合には収入証明書類の提出を求められることもあります。

無利息期間は?

SMBCモビットでは初めて利用する場合でも無利息キャッシングなどのサービスは提供されていません。

レイクALSAでは初めての利用者に対して、30日間若しくは5万円までの180日間無料でキャッシングできるサービスが利用できます。

無人契約機と提携ATMは?

SMBCモビットは自社の無人契約機に加え、三井住友銀行内に設置されているローン申込機の利用も可能です。対応時間はモビットの無人契約機が平日土日祝日とも8時から21時まで、三井住友銀行のローン申込機が9時から21時までとなっています。

レイクALSAですが、平日と土曜日であれば8時から24時まで無人契約機の利用ができます。SMBCモビットもレイクALSAもなお全国の主要な銀行やコンビニATM、ゆうちょ銀行ATMなどが提携ATMとして利用可能です。

SMBCモビットならWeb完結申込みで電話連絡による在籍確認なし!

SMBCモビットの最大の特徴はWEB完結申込で申し込みをした場合に在籍確認の電話を省略できる点にあります。会社に電話がかかってくることに抵抗がある場合にはSMBCモビットのキャッシングを利用すると良いでしょう。なおWEB完結申込で契約する場合には提出必須な書類が多い点と指定の銀行の預金口座が必要な点に注意が必要です。

早く返すならレイクALSA

30・60日間無利息サービス

短期間の借り入れをお得に行いたい場合にはレイクALSAの30日間無利息キャッシングの活用がおすすめです。初めてレイクALSAを利用する場合、金額の制限無しで30日間は無利息で借り入れができます。仮に10万円を借りて、30日間の無利息期間が終了する前に繰り上げ返済で完済した場合には支払う利息を0円とすることができます。なお無利息期間は契約日の翌日から適用となるので、契約した翌日から借り入れをするとサービスを最大限享受できます。

WEBからの申し込みなら60日となります。

最大180日間無利息

レイクALSAは30日間無利息サービスに加えて、5万円までの借り入れを最大180日間無利息で借り入れることもできます。なお無利息期間の併用は不可となっていて、契約時に30日間か5万円/180日間のどちらかのサービスを選択することとなります。なお5万円/180日間を選んだ場合もサービス適用は契約日の翌日からとなります。

まとめ

SMBCモビットはWeb完結申込みで申し込むと、電話連絡による在籍確認なしで申し込めるメリットがありますし、レイクALSAは2種類の無利息キャッシングサービスがあるため短期間の借り入れをお得にできます。

それぞれのメリットをよく理解して、賢くキャッシングをしたいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。