比較

SMBCモビットとアイフル比較【お得に借りるならどっち】

SMBCモビットとアイフルは、どちらも同じ消費者金融ではあります。両者にはいくつか違いもあって、例えばSMBCモビットは在籍確認を電話無しにする事ができます。

今回は、SMBCモビットとアイフルの主な違いをまとめましたので、参考にしてみて下さい。

SMBCモビットとアイフルの違いは?

限度額と金利

SMBCモビットとアイフルは、どちらも実質年率の数字自体は3~18%になります。両者は若干の差はあるものの、ほぼ同じぐらいの金利で融資が実行される傾向があります。遅延損害金は、2社とも20%です。

限度額は、SMBCモビットは1~800万円になります。アイフルは1,000円~800万円ですが、一部のATMでは最低1万円~で融資が実行されます。

2社とも、借りられる金額上限は年収3分の1以下になります。総量規制があるからです。

審査の違いは?

SMBCモビットは、電話連絡無しでの在籍確認も可能です。指定の書類をSMBCモビットに提出すれば、在籍を確認できるからです。アイフルの場合は、在籍確認は電話限定になります。

審査のスピードは、SMBCモビットの方が若干早いです。SMBCモビットの簡易審査に通過すれば、たいてい二次審査にも通ります。簡易審査の結果が通知されるのは10秒程度ですが、アイフルは30分以上かかる事もあります。

SMBCモビットの方が、審査。結果が分かるのは比較的早いといえるでしょう。

在籍確認と提出書類は?

アイフルの場合、電話で在籍確認は行われます。SMBCモビットの場合、電話無しで在籍確認を済ませる事は可能です。

電話無しにする条件は3つあって、WEB完結で申し込みをすると共に、指定の3つの銀行のいずれの口座を持っている必要があります。指定の健康保険証の写しを提出すれば、職場に電話が行かないようにする事ができます。

SMBCモビットとアイフルは、必要書類もほぼ一緒です。どちらも本人確認書類を提出する必要がありますし、大きなお金を借りたい時には、収入証明書の提出も必要です。ただし個人事業主がSMBCモビットに申し込む時は、営業状態確認のお願いという書類を提出する必要があります。

無利息期間は?

プロミスには、無利息のサービスはあります。初回のみという条件はありますが、借りた翌日から起算して30日間のみ金利ゼロ円で借りられる訳です。SMBCモビットには、30日無利息というサービスはありません。

無人契約機と提携ATMは?

SMBCモビットの場合、SMBCモビットのローン申込機と、三井住友銀行ローン契約機の2種類があります。合計は1,000台になりますから、プロミスの方がSMBCモビットよりも契約機の台数は多いです。

SMBCモビットはWeb完結申込みで電話連絡による在籍確認なし!

SMBCモビットであれば、電話による在籍確認を避ける事はできます。ローンカードを発行したい時は電話確認は行われますが、WEB完結なら書類で在籍を確認できますから、わざわざ職場に電話をかける必要が無いからです。電話連絡を避けたい時は、モビットがおすすめです。

大手のグループ会社だから安心?

SMBCモビットは、三菱UFJ銀行のグループ会社になります。もともとはSMBCではなく「株式会社モビット」という名称になっていました。現在の三菱UFJ銀行が中心になって、SMBCコンシューマーファイナンスと合同で出資されて、モビットが誕生したのです。そして2,014年に、SMBCモビットはSMBCグループの完全子会社になりました。SMBCグループの一員であり、大手企業のグループ会社になりますから、安心感があります。

アイフルの方が返済日は柔軟!

SMBCモビットは、返済日は4つの日から選ぶ必要があります。「毎月の5がつく3つの日」と「末日」があり、どれか1つを選ぶ事になります。アイフルの場合は、上記の4つの日に限定されている訳ではありません。返済には自由に決める事ができ、35日ごとにする事もできます。例えば10月1日を返済日にした時は、11月4日を返済日にする事も可能です。11月1日ではありません。ある程度返済日を自由に決められるので、SMBCモビットよりアイフルの方が柔軟です。

まとめ

アイフルとSMBCモビットの一番大きな違いは、電話無しになるか否かです。電話無しで在籍確認を済ませたい時は、SMBCモビットがおすすめです。毎月の返済日は柔軟な消費者金融を利用したいなら、アイフルがおすすめです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
▼▼バレずに借りるなら▼▼
公式HPはコチラ
▼▼バレずに借りるなら▼▼
公式HPはこちら