モビットの審査を受ける予定の自営業の方は、たくさんの悩みを抱えているでしょう。

というのも自営業の方のキャッシングは雇用されている立場ではなく、色々と不利になることがあるのではないだろうか、そのように考えることも多いでしょう。

今回は自営業の方を対象に解説していきます。

モビットの審査は自営業でも受けることができるの?

モビットの審査は自営業の方でも受けることができます。

モビットの場合は返済能力を有している方であれば基本的に審査を受けることができ、無職やニートの方でなければ安心して大丈夫でしょう。

とはいえ自営業だから審査に有利になるといったことはありません。だからといって不利になることもなく、この点は皆平等に審査を受けていると考えて大丈夫でしょう。

ただし、自営業の方ならではの内容もありますので、下記に解説していきます。

モビットの審査を落ちる自営業って?

モビットの審査は自営業の方でも問題ありませんが、自営業の内容によります。

もちろんどのような形態の自営業でも構いませんが、名ばかりの自営業は大変問題があるでしょう。名ばかりの自営業とは実質収入が限りなくゼロのような方を指します。

あるいは今現在において返済できる程度の収入を得ていない方も対象になります。

また返済能力の低い方は、万が一モビットの審査を通ったところで今後の返済が大変になるでしょう。あくまで返済できることを前提に審査を受けるようにするべきです。

モビットの審査を受ける際に自営業は提出書類が多い?

モビットの審査を自営業の方が受ける場合、他の雇用形態に比べ提出書類が多くなっています。

提出書類が多いことは実質的に不利だと感じるかもしれませんが、これはあくまで返済能力を見極めるもので、きちんと書類を提出すれば問題ありません。

ちなみに自営業の方がモビットの審査を受ける際に必要になってくる書類は、本人確認書類や確定申告書の写しや青色申告決算書の写しになってきます。

おそらく自営業の方であれば誰でも所持しているはずですから、特に問題はないでしょう。

モビット自営業まとめ

モビットの審査は自営業の方でも問題なく受けることができます。

しかし自営業だから審査に有利になるとか不利になるといったことはなく、審査を受けて結果が判明するまではわかりません。また自営業の方の中で返済能力のない方は厳しくなるでしょう。

厳しくなるだけではなく、もしも返済することができなければ、今後の信用に傷付くことにもなりますので、よく考えて利用を検討するべきでしょう。

そしてモビットの審査を受ける自営業の方は必要書類が多くなりますので、事前に準備しておくことも大事です。

>>公式サイトはこちら