モビットの審査を受ける予定の外国人の方は、多くのことを知っておく必要があります。

しかし物事を知る前にそもそも外国人の方が審査を受けて通過する可能性があるのか、はたまた審査すらして貰えるのだろうか、多くの疑問を抱いているでしょう。

今回はモビットの審査を受ける外国人の方を対象に解説していきます。

モビットの審査は外国人でも大丈夫?

モビットの審査は外国人の方でも問題なく受けることができます。基本的にモビットでは返済能力があれば貸付して貰える可能性は充分にあるのです。ただしすべての外国人の方を対象にしているわけではありません。

というのもすべての外国人を対象にしてしまえば国内外問わず殺到してしまうでしょう。さて、モビットでは日本への永住権を取得している外国人の方のみを対象にしています。

もしも永住権を取得していない外国人の方であれば、モビットの審査を通ることは絶対にありませんので、あきらめるべきでしょう。

モビットの審査は外国人差別があるの?

モビットの審査は外国人差別をまったくしていません。そもそも外国人だからといって返済しないだろうといった人種差別をモビットが実施する理由がありません。

とにかく返済能力を持っている方であれば、日本人でも外国人でも審査を通る可能性はあります。とはいえ審査を受けることができたから審査に通るわけではありません。

収入や提出書類などを総合的に判断して結果が下されますので、落ちた場合は残念ですがあきらめるしかないしょう。

モビットの審査を受ける外国人は提出書類が多いの?

モビットの審査を受ける外国人の方は、たしかに提出書類が多いです。日本人であれば提出書類は本人確認書類と収入証明書類が基本ですが、外国人の方は他にも提出するべき書類が増えています。

外国人の方がモビットで審査を受ける場合に提出する書類は、在留カード・特別永住者証明書・外国人登録証明書のいずれかが必要になります。これらの書類すべてを用意できないまたは提出したくないといった場合は、残念ながら審査に通ることはないでしょう。

モビット外国人まとめ

モビットの審査を受ける外国人の方は、ひとまず審査を受けられることは理解して頂けたでしょう。モビットの審査は外国人の方を差別していませんし、外国人だから審査に落ちるといったこともありません。

ただし、日本の永住権を所持している外国人の方以外は審査に通ることは絶対にありません。そして外国人の方は日本人に比べ提出書類が増えますが、これらの書類を提出できない方も審査に通ることはないです。

とにかく審査結果は審査を受けるまで判明しませんので、まずはモビットの審査を受けてみるべきでしょう。

>>公式サイトはこちら