Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/beautifulstory/www/mobit-real-review.xyz/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/beautifulstory/www/mobit-real-review.xyz/wp-includes/plugin.php on line 601

モビット審査

モビット審査通らない?2ch口コミは本当?【即日振込OK?】

モビット審査通らない?【審査基準・対策・お金借り入れの流れ解説】

モビットは三井住友銀行グループの、国内大手の消費者金融系キャッシングサービスの一つです。テレビCMや電車での広告で1度は見たことあるのではないしょうか。

モビットの審査は甘い?という口コミ・評判をネット上で目にすることがありますが、はたしてホントなのでしょうか?必ずしも絶対に甘いと断言してしまうことは無責任になりますので、ここではモビットの甘いかも?という箇所を中心に解説していきます。どういったポイントが甘いのか、知ってから審査に申し込むことをオススメします。

モビットの審査は難しい条件を設けてない!

モビットの審査は難しい条件を設けていませんので、この点は甘い?といえるかもしれません。貸金業者によっては収入やその他色々と条件を設けていることが多いのですが、モビットの申し込み条件は非常に少ないです。モビットの審査の条件は、「年齢20歳以上69歳以下、そして一定の安定した収入を得ている方」であれば申し込みできます。つまり学生やフリーターの方でも問題ありませんし、収入を得ている兼業主婦の方であれば、審査に通過する可能性はあるということになります。基本的に消費者金融では安定した収入を得ていれば問題ないのです。さらにローン契約機(無人契約機)も多いので、特にモビットではその傾向が強いということで、モビットの審査は甘いと言われているのでしょう。

モビットの審査のゆるいといわれるのは雇用形態にあり!

モビットの審査の甘い部分は雇用形態にあります。雇用形態とは正社員やアルバイトといった風に分類することができますが、モビットの審査では雇用形態は問いません。つまり正社員でもアルバイトでも申し込みすることができます。とある貸金業者では正社員以外は不可能という場合もあり、そういった貸金業者に比べれば、モビットの審査は甘いと言えるでしょう。正社員以外の雇用形態の方でも問題ありませんので、心配する必要はないでしょう。

甘いといっても

モビットのカードローンの審査を受けても絶対に通らないのは、収入をまったく得ていない無職の方になります。無職の方は残念ながら審査を受けても審査落ちのケース非常に多いです。そもそも無職で返済計画のない方に貸付している金融業者は日本国内に存在していないはずです。返済能力があるかないかで判断しています。存在していたとしても、大変怪しく危ない貸金業者・金融会社いわゆる闇金融(ヤミ金)になります。利用しないように注意しましょう。

 

 また残念ながら専業主婦の方では通過することはありません。どうして専業主婦の方が審査に通過しないのか、それは専業主婦の方では先ほど述べたモビットの貸付条件にある「一定の安定した収入を得ている方」に該当しないためです。決して専業主婦の方を差別しているわけではありません。男女関係なく、この条件をクリアしていない方は、誰でも審査に通過することはないのです。

モビットの審査は総量規制の対象です!

モビットの審査の甘くない部分は、消費者金融の貸付を制限した総量規制の存在にあるでしょう。というのもモビットに限らず消費者金融は貸金業法の総量規制を遵守しなければなりません。この法律を守らない消費者金融は。金融庁の登録を受けているところではないでしょう。つまり、モビットも列記とした金融庁の登録を受けたまともな消費者金融ですから、総量規制を遵守しています。総量規制とは年収1/3以上の借入を禁じた法律になりますので、モビットとあわせて他社借入総額が年収の1/3以上になる場合は、審査に通過することは絶対にありません。総量規制でも住宅ローンや車のローンは対象外としていましのでそちらのほうは気に掛ける必要はありません。

簡単にWEB申込できるのも理由?

モビットの申し込み方法で、インターネットを介した申し込み方法が簡単になります。パソコン・携帯電話・スマートフォンを所有している方であれば、ネットを介した申し込み方法を利用することができます。特に、モビットではWEB完結(ウェブ完結)を利用する方が多いでしょう。また審査も最短30分で申込完了するので、当日融資も可能です。このすぐ結果がわかる仕組みが甘いという口コミのもとになっているようです。お金に困っているときにすぐ審査結果がわかり、即日融資できたらとても印象が良いので甘いや良い口コミが増えるので、甘いと言われる理由の一つと言えるでしょう。

WEB完結で注意してほしいのは三井住友銀行口座か三菱東京UFJの口座を持っており、社会保険証科組合保険証を持っている方が在籍確認なしでWEB完結できます。通常の申し込みは審査の担当者から勤務先に電話連絡での在籍確認が入ります。また本人確認書類(免許証や社会保険証)や収入証明書類(給与明細書)の提出書類が必要になります。

即日融資もできるから甘い?

モビットのカードローンの特徴として即日融資(即日キャッシング)に対応している点です。14:30までWEB契約が終えることができれば即日融資ができます。この時間までに間に合えば、ローンカード発行されて送られてくるのを待たずに、指銀行振り込み手続きでのキャッシングができます。

収入証明書不要?

モビットのカードローンの特徴としてご利用限度額が50万円を超える場合、ご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合に収入証明書の提出を求めています。既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合も提出が必要です。大手消費者金融系カードローンの多くが基本的に提出が必須なことにくらべれば、審査のハードルは低くなるでしょう。

モビットの審査は比較的甘いかも?

モビットは比較的審査の甘い貸金業者といえるかも?しれません。日本には数多くの貸金業者がありますが、モビットのように大手で安心できる消費者金融でキャッシングをするべきです。間違っても金融庁の登録を受けていない貸金業者でキャッシングはしないように注意するべきでしょう。モビットでは、年齢制限をクリアして一定の安定した収入を得ている方であれば審査を受けることができますので、ひとまず審査を受けてみるべきでしょう。思っている以上にあっさり審査に通過する方も少なくありませんので、難しく考える必要は一切ありません。

審査の基本基準

基本情報
  • 年齢20歳以上69歳以下のご本人に安定した収入のある方
  • 主婦や学生でも、パート・アルバイトなどで安定した収入がある場合は利用可能
  • 勤務形態を問わず、安定的な収入があれば申し込み可能で、審査通過する可能性はある
審査の採点項目
  • 勤務先、勤続年数、年収、勤務状況、年齢、家族構成、居住形態、居住年数、加入保険種別、電話区分
  • 家族構成の採点:独身・家族同居 > 既婚・家族同居・子なし > 既婚・家族同居・子あり > 既婚・同居なし > 独身・1人暮らし
    ※独身で家族と同居の方の評価が高い
キャッシングの経験(他社の借り入れ実績含む)
  • 取引実績:4回以上>1~3回>はじめて
  • 取引期間:13カ月以上>7~12カ月>6カ月未満
  • 他社借入件数:0~1件>2~4件>5件以上
居住形態
  • 本人名義の持ち家 > 家族名義の持ち家 > 官舎・社宅 > 賃貸 > 公営住宅
    ※住居形態は、経済状況をあらわすだけでなく、賃貸だと夜逃げの可能性の目安になります。

だから持ち家の評価が高くなります。

勤務先
  • 公務員 > 大手企業 > 中小企業 > 自営業 > アルバイト > 無職

※パートやアルバイトは良くても、自営業くらいにしかなりません。

無職の場合は審査通過の可能性はほぼありません。

雇用形態
  • 正社員 > 契約社員 > 派遣社員 > アルバイト
    ※雇用形態よりも勤務先の方が重視される傾向にあるので、

大企業であればアルバイトでもいい評価をもらえる可能性はあります。

年収による判断基準
  • 400万円以上 > 200万円~400万円未満 > 200万円未満
健康保険
  • 公務員の共済保険 > 大手企業の組合保険 > 中小企業の社会保険 > 国民健康保険
    ※実は健康保険の種類は年収と同じくらい審査に影響します。

パートやアルバイトの信用が低い要素の一つとして、国民健康保険での信用が低いためです。

勤続年数
  • 10年以上 > 5年~10年未満 > 1年~5年未満 > 6カ月~1年未満 > 6カ月未満
信用情報機関でのチェック項目
  • 他社での借入れ状況
  • 過去の借入履歴
  • 金融事故(返済遅滞、債務整理など)

※もし金融事故が過去にあった方は、借入れできる可能性はかなり低くなります。

必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート)
  • 収入証明書(借入額が50万円を超える場合や他社と合わせての借入額が100万円を超える場合)

 

TOPへ戻る